【五等分の花嫁】第109話感想・考察!五つ子の実父が五月に接触する理由は?五月はどうなっていく?

『五等分の花嫁』第109話は、話の流れから五月に焦点を当てられた内容となりました。学園祭中も必至に勉強をしている様子が描かれ、一方で伸び悩んでいる様子も相変わらずといったところ。

そしてかねてより予想していた、五つ子たちの実父も登場しました。クライマックスで大きな影響を与える人物といえば、五つ子たちの実父しかおらず、五月に接触してどう物語を運んでいくのかが気になるばかり。

実父が登場した瞬間から次回第110話の内容が気になってしまいましたが、まずは落ち着いて第109話の感想・考察をまとめていくことにしましょう。

第109話の感想

五等分の花嫁 第109より引用

まずは『五等分の花嫁』第109話の感想から。

五月が学園祭中も勉強をしていたのは、これまでの一花・二乃・三玖・四葉の物語を読んで明らかになっていた部分でした。そして下田さんの下で、さらに追い込みをかける予定だったことも描かれています。

下田が働く塾でお世話になっている五月は、そこで無堂という人物と出会います。彼こそが受験対策のために来た特別講師でしたが、どやら下田はわざと五月に無堂のことを伝えてなかったのかもしれません。

そして学園祭が始まると、五月は食欲に耐えながら与えられた課題をこなします。そこに無堂が現れ、学園祭の雰囲気を懐かしみつつ、五月に接触するのでした。

勉強にストイックな姿勢を称賛する傍ら、無堂は誰から聞いたのか、五月が教師を目指していることに言及します。ところが五月が現在の心境を語ると、無堂は手の平を返し、母親と同じ道に進むことを辞めるように言いました。

無堂は五つ子たちの母親・零奈の元担任であり、零奈が教職の道に進むきっかけとなった人物。そして五月と零奈を重ねて見ており、まるで呪われているかのようだと、きつい言葉を投げかけていきます。

五月もとっさに否定はするものの、そこは伊達に年を重ねてはいない無堂に言われるがまま。ただ無堂も言い過ぎたと反省し、「また明日来る」とだけ言って別れることに。

学園祭初日の15時、風太郎が答えを出すと宣言した場面において、五月とのやり取りが描かれました。風太郎は負けず嫌いな五月褒めており、その言葉に反応してか、五月は顔を赤らめている様子が見られます。

無堂に言われた言葉と風太郎にかけられた言葉は、それぞれ内容や意味が異なっているものの、五月の反応はどちらも反射的に表れているようなものかもしれません。素直な反応であり、一方で自分の気持ちが定まっていないとも見ることができます。

場面は学園祭2日目へと移ります。この日は屋台の売り子をする五月の姿がありましたが、その前後で無堂と接触していたことが明らかになりました。

そして無堂は少し自信がなさそうに語り出し、自分は零奈の元同僚であり元妻であり、五つ子たちの父親であることを打ち明けます。果たして五月はどのような反応を見せるのか、また風太郎はどう行動していくのかが気になるばかりです。

スポンサーリンク

第109話で明らかになった事実のまとめ

五等分の花嫁 第109より引用

五つ子それぞれの物語が始まる直前、風太郎はだれを選ぶのかという問題に対し、「学園祭の3日間はあまりに短すぎた」と語っています。これまで数々のできごとが起こっており、五月編では実父の登場も相まって、文字通りの内容になると言えるでしょう。

そして第109話が公開されたことで、新しく発覚した事実もいくつかあります。まずはその内容をまとめていくことにして、以下の展開予想・考察へと繋げていくことにします。

実父と零奈の関係性

第109話では、かねてから予想していた五つ子の実父が登場しました。まず関係性を押さえていくことにしましょう。

五つ子の実父と語る無堂は、下田さんが務めている塾に特別講師として招かれています。そして彼の口からは、教職に就いていたことも明らかに。

教職に就いていた時代、教え子には零奈がいました。五つ子の母親である零奈は、無堂に憧れて教職を目指していたそうで、一時期は同僚として働いていたことも。

そして2人の間には一花・二乃・三玖・四葉・五月を授かることになります。

・零奈は無堂の教え子だった
・零奈は無堂に憧れて教師になった
・零奈と無堂は一緒に働いていた

以上の3点が明らかになりましたが、一方で気になるのは、2人の馴れ初めでしょう。どのような経緯がって付き合い、結婚するに至ったのかという部分は、内容次第では黒い内容へと突き進んでいく可能性があります。

例えば無堂という人間は女性に対して見境なく手を出しており、そこに教え子も含まれていたとして、同僚である零奈は恩師に強く接していたのかもしれません。

そこで無堂は妥協策として、零奈の身体に手を伸ばした……そして運悪く妊娠をしてしまい、零奈は中絶を選ばずに五つ子たちを出産したと考えてみましょう。

無堂がなぜ「元妻」と言ったのか、それは女性関係で大きな問題があったのではないかと想像できます。どのセリフを取って見ても、無堂からは零奈を愛していたという素振りが見えてきません。

また、勇也の発言に関しても、「あいつ」と表現していますので、ろくでもない人間だったことが窺えるでしょう。そしてマルオにわざわざ会いに行って、「同窓会しようぜ」と誘ったほどですから、五つ子にとって悪影響だと考えていたはずです。

いずれにしても、現時点では「ろくでもないだらしない男」という評価しかありません。そもそも愛妻家や零奈に対する愛があれば、五つ子たちは零奈1人で育てられていませんから。

スポンサーリンク

勇也が提案した「同窓会」の意味

第109話でハッキリとしたのは、勇也がマルオに誘った「同窓会」とは、五つ子の実父を彼女たちから遠ざける目的があったということ。しかしそれも失敗に終わっており、無堂と五月が出会うことになります。

ここで気になったのは、どうやら下田さんも一枚かんでいたのだろうということ。塾の講師をしている下田さんにお世話になっている五月ですが、彼女から特別講義の詳細を聞かされていなかったことから窺えます。

おそらくは、勇也もしくはマルオのどちらかが計らったのでしょう。しかし五月が他の講師から詳細を聞いてしまい、無堂と五月が関わっていくきっかけを作ってしまいます。

勇也・マルオと下田さんの関係性は明確になっていませんが、過去のシーンから3人は接点があったと見て間違いありません。3人とも同級生の可能性がありますが、それは追々明らかにされるでしょう。

そしてもう一つ、下田さんは無堂をわざわざ招くほどの理由があったのでしょうか?

これは、無堂が下田さんに特別講師をさせてほしいとお願いをしたのか、やはり脅しのようなものがあったのかもしれません。

そもそも教師は公務員であり、副業はできないはずです。特別講師も副業に含まれるでしょうから、無堂は無職なのか、それとも教育関連の仕事に就いていると想像できます。

どうしてもクズ人間のイメージが払しょくできないため前者だと想像していますが、そもそも下田さんは零奈に惹かれていた1人であるため、零奈と無堂の関係を知っていて当然でしょう。

無堂に何らかの実績があったとしても、呼ぶことはないと思われます。だからこそ、無堂は無理やりな形で、かつての教え子の1人である下田さんを利用して、特別講師の仕事をすることになったと想像してみます。

風太郎の左頬に何があったのか?

第105話の1コマで風太郎の左頬が腫れている描写がありましたが、第109話で初めてこの件について言及されています。

しかし求めていた回答とは異なり、誰が風太郎の頬を引っ叩いたのかが分かりません。やはり以前の考察通り、一花によるものなのでしょうか?

この件については、明らかになるとすれば五月編が終わってからになるでしょう。そして五月編の後には、もしかすると風太郎の詳細な行動が描かれていくのかもしれません。

相手は一花なのか、それとも唯一無二の親友となった前田と武田のどちらかなのか……それは今後の楽しみとなりそうです。

スポンサーリンク

不安定な時期を過ごす五月の将来

五等分の花嫁 第109より引用

これまでの五月と言えば、修学旅行が終わってからは真面目に勉強に取り組むも、一向に成績が伸びる気配がありません。教師になるという目標ができたものの、下田さんや無堂の言うように、母親の跡を追っていることが原因でしょう。

五月の将来が不安定になっているだけでなく、やはり『五等分の花嫁』という物語の性質上、風太郎への意識についても気になるところです。

一花・二乃・三玖・四葉とは異なり、五月は唯一となる風太郎への明確な好意が見えない人物ですから、この問題が解決されない限り、彼女が花嫁になることはありません。

ここからは五月の将来と風太郎への好意について、重点的に考察していきます。

教師になる夢はどうなるのか?

下田さんと初めて出会った際、進路について悩んでいた五月は、そこで母親と同じ教師になるという道を選択します。

しかし下田さんは五月の決断に待ったをかけており、本人の意志ではなく「母親の跡を追っているだけではないか」ということを指摘していました。そして第109話において、実父である無堂も同じことを言及しています。

無堂にも同じことを言われてしまった五月は、とっさに自分の意志だとは説明するも、教え子と同僚時代の両方を見てきた実父からすれば、五月と零奈が重なって見えるのも納得できる部分ではあります。

実際のところ、五月も成績が伸び悩んでいる原因は「本当にこのままでいいのか」という心のモヤが晴れていないからだと分かっており、それでもどうすることもできずに四苦八苦していることが窺えます。

この問題を解決しない限り、未来はないと言えるでしょう。

そこに手を差し伸べるのが、他ならぬ風太郎であるはず。彼がどのように五月と接していくのか、これによって五月の将来が定まっていくことになり、全国模試明けで掲げた「次の道を見つけてこその卒業」へと繋がっていきます。

一花と三玖に関しては具体的な進路が定まっており、二乃と四葉に関してはふわふわとしていますが、肝心の五月に関しては迷いがある状況に。

その気持ちの面で揺れ動いている中、実父である無堂が現れたわけですから、もう五月の精神面は不安定になっていくことが見えてくる内容にもなっています。

しかし最終的には、五月は教職の世界へと飛び込むでしょう。

風太郎の言葉が何より大きな影響を与えることが予想でき、例えば「お前はお前だろ」のような言葉をかけると、五月はそれだけで立ち直ることができるかもしれません。

母親と同じ道に進むことが呪いであったとしても、それを不幸とするのか幸とするのかは五月次第です。彼女が迷いを払しょくし、大きく前に進むためには、風太郎の存在が必要不可欠です。

TVアニメ「五等分の花嫁」 PALE TONE series B2タペストリー 中野五月[コンテンツシード]《発売済・在庫品》
created by Rinker

もしも風太郎に選ばれた場合

もちろん第110話の内容次第ではありますが、ここまでの私の考察では、花嫁の第1候補を五月に挙げています。その点の考察をいくつかありますが、それでは風太郎が五月を選んだ時の展開を予想してみることにします。

今回は無堂という実父が登場したことにより、五月に大きな変化が生まれるはずです。それは将来の進路もそうですが、風太郎との関係性についても大きな岐路となります。

おそらくは風太郎が五月と無堂のやり取りに介入することで、事態は収拾する方向へと進むでしょう。深いやり取りが無くとも、風太郎との関係が進展してくはずです。

もしも五月が無堂に襲われそうになったとすれば、そこに風太郎が助けに入ることによって、一気に2人の関係がプラス方向へと進んでいくことに。助けられたという事実が、五月に明確な好意を芽生えさせるでしょう。

そうなれば、最終日に風太郎が五月を選ぶとして、大団円へと向かいます。

しかし、そんな簡単にことが進むでしょうか?まだまだ五月と風太郎との間には、なにかひとつやふたつの問題が起きそうな気がしてなりません。

ヒントになるのが初日の夜で、家族団らんのひと時を過ごす風太郎は、勇也から実父の存在を聞かされています。そして、風太郎には四葉から受け取った「からあげ屋の無料券」がありますので、これをきっかけにして五月との時間を作るでしょう。

初日の15時において、五月はからあげを平らげていました。そのイメージがあってか、風太郎は五月のためにからあげを持っていこうとするはずです。

ところがその矢先、風太郎は五月と無堂が接触している場面に遭遇します。勇也からどこまで事情を聞いているかは分かりませんが、風太郎は五月の間に入って無堂を拒むと思われます。

無堂から実父であることを打ち明けられた五月は、もうこの時点で精神面がかなり不安定になっているでしょう。風太郎は五月を守るために、考え抜いた結果、「誰も選ばない」から「五月を選ぶ」という答えにたどり着くかもしれません。

しかしこれは風太郎の本意ではなく、同情のようなものであるため、五月はその場で風太郎の申し入れを断るでしょう。ここから2人の間に、大きな溝が深まっていくと思われます。

ここからは大きく端折りますが、風太郎は五月との間に生じた亀裂を修復するために奔走しますが、そこで五月との思い出を振り返り、彼女への好意へと昇華させていくのかもしれません。

一方で五月に関しても、風太郎を意識し始めていたのは明確ですから、彼との思い出やできごとを振り返っていくことで、改めて気持ちを芽生えさせていく……。

そして姉たちの介入もあって、風太郎と五月の関係が修復されるだけでなく、晴れて結ばれることになる……。

……果たしてこのような形になるのか?まだ「鐘キス」の相手についても触れられていませんから、仲直りをしたころには判明するとも予想しています。

スポンサーリンク

今後の展開で気になる点など

五等分の花嫁 第109より引用

最後に今後の展開で気になることを挙げますが、やはり無堂が今になって現れたということ以外にはないでしょう。

無堂は年齢不詳ではありますが、零奈を教えていたことから察するにひと回りもふた回りも年を重ねているでしょう。第109話で描かれているビジュアルそのままに、40~50代以上かもしれません。

明らかになっている部分から考察するに、おそらく無堂は無色です。高校3年生で卒業を控えている時期に現れたことを考えると、五つ子たちに養ってもらおうという考えがあるのではないでしょうか?

また、一花が女優として活躍し始めていますから、収入面で気にする必要はありません。

描かれている表情そのままに無堂の人間性を見るのも危険なところはありますが、経歴から下衆な部類である可能性が高いため、この可能性が高いと見ています。

五つ子たちの面倒を改めて見たいというのも無理がある時期ですし、誰も受け入れることはないでしょう。その中で、精神的に不安定な五月に取り入るのは巧妙と言わざるを得ません。

そして、なぜ零奈は自分の人生に後悔をしていたのかということ。やはり無堂絡みなのか、それとも五つ子を女手一つで育てようと決めたことなのか、これも気になる部分ではあります。

零奈の件は後に明らかになるとして、まずは無堂がこれから五月や五つ子と関わっていくのかという点は、今後の大きな焦点となります。

スポンサーリンク

まとめ

五等分の花嫁 第109より引用

『五等分の花嫁』第109話では、ついに予想していた実父が登場しました。そして不安定な五月に接触しており、ここから五月が大きく揺れ動いていくような気がしてなりません。

そこに風太郎がどのように関わっていき、五月を救っていくのか?そしてそのまま、五月と結ばれるような事態へと発展していくのでしょうか?

毎話見逃せない展開が続いているとは言いますが、今回も同じ言葉を使わざるを得ません。

もちろん、五月編2話目ということですので、気になるのは風太郎とのキス。内容や展開次第では、五月は風太郎にキスをすることはないでしょうし、ウルトラC級の意外な展開で、風太郎から五月にキスをする可能性だってあります。

もし五月のキスが描かれるのなら、頭の中では悶絶するようなかわいらしいシーンがイメージできましたが果たして……?

コメント

タイトルとURLをコピーしました